ホーム  »  外壁塗装について

外壁塗装ついてご案内します

外壁塗装(塗り替え)について

過ごす時間が長い室内に比べ、どうしても目の行き届きにくい外回りですが、外壁は風雨、紫外線などから建物を守ってくれる重要な建材です。 見た目の問題だけでなく、生活の機能面でとても重要な役割をはたし、同時に住まいの寿命にも大きく関わってきます。一般的には、新築後や塗り替え後、7年から10年に一度は塗り替えが必要だといわれています。人と同じように、いつまでも健康で長生きしてもらうためには定期的なメンテナンスが大切です。

住宅の外壁は様々な種類があり、それぞれに特徴があります。それぞれの環境や外壁の種類にあった最適な工法で家を元気によみがえらせましょう。

早期発見・早期補修で費用削減

早期発見・早期補修で費用削減

建物はお肌と一緒です。放っておけば老化は進行し、補修費用も上がっていきます。少しでも気になる症状があれば、いつでもお気軽にご相談ください。対応が早ければ早いほど簡単な補修で済み、補修費用もかからずにすみます。


安心して暮らせる家作り

安心して暮らせる家作り

傷を補修し、丈夫な施工を施すことで、いつまでも安心して暮らせる家作りを目指します。表面をきれいにするだけではなく、建物の弱点を正しく見極め、補修・保護していくことが必要です。 表面上では見えない下処理を的確に行ったうえで、仕上げを行います。


気分一新リフレッシュ

気分一新リフレッシュ

塗り替えの楽しみのひとつは色選び。外壁は紫外線など外部要素の影響を受けやすい箇所でもあるので、耐久性や環境に合わせた最適な塗料を使用することで今よりずっとグレードアップした建物にイメージチェンジできます。色あせしにくい色や、汚れが目立ちにくい色を選ぶことでもメンテナンスコストを抑えることもできます。


主な傷みと塗り替えのサイン

■色あせ


色あせ

太陽光による熱や紫外線、雨水に含まれる汚れによって塗膜が色褪せてきます。色があせてくると古びた印象を与えます。 色があせてきた段階であわてて塗りなおす必要はありませんが、進行すると、チョーキング現象が始まり外壁を保護する塗膜がなくなってきます。

■チョーキング現象


チョーキング現象

壁をさわると白っぽい粉が手につく ことがあります。これは塗装面が劣化し、 塗料がチョークのような粉状になって外壁の表面に現れてきている現象で、防水効果が切れて水をはじかなくなっています。早めの対処をお勧めします。

■カビ・藻


カビ・藻

家の北側等、あまり日が当たらないような箇所や、植物が近くにあるとカビが生えやすい傾向があります。 高圧洗浄を徹底的に行い、汚れやカビを落としていきますが、菌糸は外壁表面に奥深く根付いています。外壁塗装により「塗膜」を張ることで、カビのつきやすさを低減させます。 また 防カビ剤入りの塗料を使用することで、根付いたカビを死滅させ、新しいカビもつきにくくします。


■目地切れ


目地切れ

窓と壁の接合部分やサイディングの間をつなぐ、一般的に「シーリング」ともいわれる目地は振動を吸収したり、雨水の浸入を防ぐ大切な役割を持っています。 ヒビ割れや切れてしまって隙間が開いてくると、ここから雨水が入り、建物内部に浸み込む原因となります。

■ひび割れ (クラック)


ひび割れ (クラック)

乾燥や地盤による外壁の収縮でヒビが生じてきます。このまま放置すると、そこから雨水などが入り、内部の腐食やサビの原因となり、家の耐久性を落とす危険性があります。 家のゆがみが原因で生じるヒビはシーリングなどで下処理をすることによって危険性を防ぎます。

■はがれ、フクレ、反り


反り

塗装した膜が、はがれたり、フクレたり、サイディング壁だと、ところどころに反りや膨張が見られる症状が現れはじめたら外壁を保護する機能が失われている状態で、下地素材の劣化に進行していきます。 外壁自体に雨水が浸み込でいる可能性もあり、あまり酷くなると塗替えでは対応できず張替えになる事もありますので早めの対処が必要です。


工法と施工事例

外壁の塗り替え

外壁の塗り替え
外壁の塗り替え

  • 汚れ、色あせが目立ちます。色を塗り替えることで新築の頃のような輝きがよみがえります。
  • 念入りに洗浄し、汚れをキレイに落としていきます。きれいになったら下地を塗ってベースを完成させます。
  • 下地ができたら上塗り(中塗り)に入ります。下地をしっかり施すことで、上塗りの食いつきを良くし、滑らかで高級感のある仕上がりになります。
  • 仕上げの上塗りをして完成です。

目地の補修

目地の補修
外壁の塗り替え

  • 目地に隙間があいてしまっています。ほっておくと雨水などが浸入し、素材そのものを傷めてしまう原因になります。
  • シーリング剤を使って隙間を丁寧に埋めていきます。
  • 完全に乾いたことを確認し、上から防カビなどの機能が入った塗料塗っていきます。

料金の目安



大工、水道工事、電気工事など、リフォーム全般ご相談ください

copyright © odatosou.com. all rights reserved.