ホーム  »  屋根塗装について

屋根塗装ついてご案内します

屋根塗装(塗り替え)のメリット

屋根塗装の一番の目的は、耐久性をアップさせ、景観を美しく保つことですが、それだけではありません。防水性、断熱性などのアップにも繋がります。 屋根塗装は、表面を水洗いか、ケレンで表面をきれいにした後に塗装をしますが、 塗装前に点検を行ない、下地の様子をしっかりと確認する必要があります。

常に過酷な状況にさらされている屋根ですが、大切な住まいや生活を守ってくれる重要なパートです。なかなか確認しづらい箇所ではありますが、手遅れにならないうちに定期的にチェックをすることをお勧めします。

屋根の種類や下地によっても差はありますが、10年程手を加えていなかったら、一度チェックをしてみると良いかも知れません。

防水性(遮熱性・断熱性)アップ

塗膜がなくなってくると、湿気を吸うようになり、ゆくゆくは住まいへの水の侵入へ繋がります。新しい塗膜を張ることで、防水性もアップし、塗料によっては遮熱・断熱効果もあります。

家を健康にし、美観性をアップさせます。

大切な建物を健康な状態で長持ちさせることが大切です。劣化が始まる前に塗り替えることで、内部の劣化も防ぎ、塗り替えることで、見た目もきれいになり家もリフレッシュ。若さを取り戻します。

断熱性・遮熱性アップで省エネ効果

塗膜は自然環境から建物を守る大切な役割をしています。外気を跳ね返し室内の温度を逃がさないため、夏は涼しく冬は暖かい快適で省エネな暮らしが期待できます。特に今は優れた断熱・遮熱塗料が開発され、エアコン等の使用頻度が変わって節電につながり、過ごしやすくなったと好評な塗料もあります。

主な傷みと塗り替えのサイン

■カビ・藻


カビ・藻

屋根材が黄色に変色している現象はカビやコケ等が主な原因です。湿度の高い日本の気候では北側部分に多く発生しがちです。そのまま放置しておくと、カビ・コケが増殖し屋根素材自体を傷める原因になります。

■はがれ・色あせ


はがれ・色あせ

紫外線などの影響で築10年前後より目立ち始めます。本来塗料のもつ防水性・素材保護の役割が損なわれている状態です。進行すると湿気を吸い、雨漏り原因ともなります。 対策は早ければ早いほど処置も軽く済みます。

■鉄部のサビ・剥がれ


鉄部のサビ・ひび割れ

トタンの屋根に多く見られる傷みです。 サビが目立ち始めたら塗り替えのサインです。ほっておくと穴があいたり、雨漏りなどの原因につながります。サビが発生し始めたら塗り替えが必要です。


- 藤沢市 T様邸 -

屋根の塗り替え手順(コロニアル)


洗浄と下地処理

外壁の塗り替え

  • 大分傷んで塗膜が無くなっています。
  • まずは念入りに洗浄します。高圧洗浄やデッキブラシ等を使って、長年のカビや汚れをキレイに落としていきます。
  • 鉄部分もケレン(さび落とし)作業を行い、サビや劣化した古い塗膜を完全に除去していきます。
    サビや塗膜が残ったままサビ止めを塗っても、耐久性に欠けるだけではなく、仕上がりにも大きく差が出てきます。
    塗装工程の中でもハードな作業ですがここで手を抜くと短期間で再びサビやはがれが発生する原因となるのでしっかりと行います。
  • しっかりケレンした後、汚れやほこりをキレイにし、鉄部分にサビ止めを塗っていきます。

下塗り

下塗り

  • 下塗り材を塗っていきます。この下塗り材は下地と塗料を密着させる接着剤のような役割を果たすもので、傷んだ屋根にシーラーを塗ることによって、上塗りとの密着度を強め耐久性をアップさせます。
  • 下塗り材は状況に応じて1~2回、ローラーや刷毛でしっかりと塗っていきます。

タスペーサーの取付け

下塗り~中塗り

  • 下塗りが完了したら、塗装で屋根と屋根がくっつかないよう、一枚一枚の間に「タスペーサー」とよばれるスペーサーを設置していきます。
    この縁切りという作業を行うことで、屋根の通気を良くし、重ね目のくっつきを防ぐことで雨漏り等の心配をなくします。 約30坪の住宅で500個から1000個ほど使います。

中塗り(上塗りの1回目)

中塗り(上塗りの1回目)

  • 下地をしっかりと乾燥させ、定着したら、中塗りに入ります。 中塗りからしっかりと塗装することで仕上がりを強化します。
  • この時点でも艶が大分出ましたが、更に上塗りをすることで耐久年数を延ばします。

上塗り(仕上げ)

上塗り(仕上げ)

  • 下塗り、中塗り、上塗りときっちり3回塗りをすることによって、耐久性と仕上がりを強化します。
  • 塗りムラや塗り残しがないかしっかり確認しながらしあげていきます。

- 鎌倉市 O様邸 -

屋根の塗り替え手順(トタン)


洗浄と下地処理

屋根の塗り替え手順(トタン)

  • トタン屋根の塗装工事を行いました。
    酷く錆が出て、塗膜も残っていません、この状態なら早急に対処したほうが良いでしょう。
  • 下処理をしていきます。トタンのような鉄部分は塗料との密着性を高めるため、ワイヤーブラシなどを使ってケレンしていく必要があります。

下塗り(錆び止め)

屋根の塗り替え手順(トタン)

  • ケレンが完了したら、サビ止めを塗っていきます。
    トタン屋根の場合、錆び止めが下塗りとなります。
  • 一見きれいになりましたが、錆び止めは密着性は高いのですが、紫外線に弱いため、このままではすぐに劣化してしまいます。
    なのでこの後、錆び止めを保護するため、上塗り(中塗り・上塗り)を最低2回行い、強化していきます。

中塗り

屋根の塗り替え手順(トタン)

  • 下塗りが終わり、十分乾燥させてから、中塗りに入ります。まずは刷毛でローラーの入らない場所を丁寧に塗って行きます。
  • 刷毛で細かいところを塗ったら今度はローラーで全体を塗って行きます。この時塗装の線を揃える事で、何年後かに塗膜が薄くなってきたときの見た目にも気を使います。均一に塗膜を作る事にも繋がります。

上塗り

屋根の塗り替え手順(トタン)

  • 中塗りが終わったらいよいよ仕上げに入ります。
    しっかりと3回塗りすることで塗膜の強化につなげ、塗りムラや塗り残しなどをなくします。
  • 完成です。つやが出て、傷んだトタン屋根が綺麗になりました。

料金の目安



大工、水道工事、電気工事など、リフォーム全般ご相談ください

copyright © odatosou.com. all rights reserved.